連載コラム

柴田範子 氏

尊厳ある1人ひとりにかかわる上で必要なことは何かを考えよう

いつも思うことは、介護は様々な技術と知識が不可欠だと思うのです。

前回、人は生活背景があって、現在、目の前に存在しているのだと言うことを意図的には書いていませんが、読み込んでいただけましたか?
「質」を問う以前に求められることは、その人のことを思う、気に掛ける、知りたいと思う気持ちが、いかにコミュニケーション姿勢に現れているかです。
これは、介護にかかわらず、医療、保健、福祉全般に言えることです。

例をあげてみましょう。

私の弟は4月に体調に変化を感じ受診。
検査の結果、「胃がんですね。出血がひどいので安静のために即入院です」と言われ、その日から2ヶ月半、食事も水分も摂れず、点滴だけの日が続きました。
今回の東日本大震災に関する記事にありましたが“東北の人は我慢強い”と。
喜ばしいことなのかどうかわかりませんが、それが東北人のイメージだとしたら、弟はピッタリの人間です。
訴え続ける患者のところには、医師も看護師もよく見え話を聞いていましたが、週に1、2度、弟を見舞いながら気づいたことは、看護にかかわる方々が、弟を気遣う、真の体調や気持ちを知りたいと言う配慮あるコミュニケーションの必要性に気づいていませんでした。

病気を見て、人を見ない。対応が、マニュアル化されているのかと思うほど、皆さん同じ言葉がけでした。

出血がどうにか治まったところで手術が行われました。
手術後の集中治療室では、呼吸が荒く、伝えたい言葉も聞こえないほど
辛い状況が一目でわかりました。

「足の置き場がない」と小さな声で訴えます。
膝を立て、その姿勢に負担がかからないように膝の下に入れ込めるものを探しました。

ベッドの足元側で看護師さんは、術後の体調を確認し続けるために機器の目盛を見ては、書類に書き写しています。

「これを膝の下に入れていいですか」の私達の問いかけに、ようやく顔をあげて「どうぞ」と一言。

看護師さんにとっては、いつも慣れた風景なのかもしれません。
目の前にこれまでの人生を積み重ねてきた人、職場から、家族から必要とされてきた人が目の前にいるのに。

私と看護大学の教員がいた約10分、一度として、弟に声をかけてもらえませんでした。
また、弟を気に掛け、みるという行為もありませんでした。

心の中は怒りに震えていた私です。

コミュニケーションはマニュアルではありません。

かかわる人を知ろうとする姿勢、それがコミュニケーションです。
介護の根底にコミュニケーションがあって、初めて目の前の人にかかわれるのです。