連載コラム

宮下剛 氏

摂食嚥下障害の質~まとめ

摂食嚥下障害をICF(国際生活機能分類)から捉える場合、

「心身機能・身体構造」の問題、
たとえば嚥下運動そのものが出来ない、

「活動」の問題、
たとえば食事が食べられない、

「参加」の問題、
たとえば外食が困難、

以上のように問題を整理して捉えることが可能です。

また、摂食嚥下障害以外のことも含め、「心身機能・身体構造」「活動」「参加」の出来ること、良い点を含めて全体的に捉えることを前回は紹介しました。

最終回は、「心身機能・身体構造」「活動」「参加」と相互に影響する因子として、「環境因子」と「個人因子」を紹介します。

ICFの「環境因子」とは、物的な環境や社会的環境などが分類されます。

たとえば、食品や義歯、建物や自然現象、保健制度、医療介護のサービス等が含まれます。「個人因子」は、性別や生育歴、習慣など個人に特有なものを指します。

上手に食べられない、外食ができない、という「活動」「参加」の制限がある場合、

「心身機能・身体構造」である咀嚼や嚥下の動きは重要ですが、「環境因子」の食品の形状や外出に対する支援状況、「個人因子」の性格や年齢も、「活動」「参加」の実現の大きな要素と考えます。

そして、「心身機能・身体構造」のみに介入する、「環境因子」の支援内容だけを検討する、という限定的な考えでなく、「個人因子」も含め、総合的に捉えることがICFの特徴です。生命リスクのある摂食嚥下障害は、その重症度といったレベル的な捉え方は非常に重要ですが、一方で、摂食嚥下障害が生活、人生のなかで、どのように影響するか、位置づけられるか、という摂食嚥下障害の質といった観点も大切です。

ICFは「心身機能・身体構造」「活動」「参加」「環境因子」「個人因子」という構成から、偏りなくその人全体像を捉えることが可能であり、摂食嚥下障害の質を検討するには、有効なツールといえるでしょう。