目的別製品一覧

ケアマネージャーの業務をしたい

機能が多くて使いこなせない
欲しい機能がない
とにかくシンプルで単純明快なソフトが欲しい…

そう思った事はありませんか?
介舟ファミリーは、“ケアマネージャーの方々が業務で必要な機能だけを搭載したシンプル、だけど使いやすい”ソフトです。

機能が多すぎて使いこなせないんだけど…

必要最低限の機能・帳票だけで十分なのよ。
操作方法が分かりづらくて覚えられないわ。

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

最低限必要な機能のみに絞り、操作画面も「帳票どおり」の視覚的に分かりやすいシンプルな設計だから、導入してすぐに使い始める事ができます。

「居宅介護支援業務」の計画書といった各種ケアプラン帳票や、提供票・利用票など、帳票と同じイメージの操作画面になっていますので、初めての人でも違和感なく操作する事ができるでござる!!

目次に戻る ▲

入力画面が複雑で見にくく、同じ情報を何度も登録しないといけないんだけど…

画面がたくさんあって同じ内容の情報を繰り返し入力するのはウンザリ。
同じご利用者様なんだから、1回で済まないの?

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

パソコン・ソフトに不慣れな方でも迷う事なく、作業の流れに沿った操作ができます。関連がある必要なものは1つの画面で入力できます。
同じ内容を複数箇所で何度も登録する必要はないでござる!

目次に戻る ▲

せっかく色々なデータ(請求金額などの各種情報)が登録されているんだから、それを独自に加工したり有効活用したりしたいんだけど…

計画書や提供票など多くの帳票を、入力した画面の見た目のまま印刷したいのよ。
出した集計・統計結果を別の用途に使いたくても、使いまわせないのよ!また入力するのはいや!コピーできないの?

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

各種帳票類・データを、全てExcel形式のデータで出力できます。
出力後のデータ加工、分析にとても便利でござる!

目次に戻る ▲

方式や形式に囚われないで、事業所独自の「アセスメント項目」「フェースシート」を作って運用したいんだけど…

自分ルールで作りたい。

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

ご利用者様の個別情報を記載する「フェースシート」に加え、アセスメントの基本要素である「課題分析標準23項目」を自由に設定できる機能を搭載しています。
事業所独自でアセスメントの項目を自由自在に変更して使う事ができるため、一般的なアセスメント方式に捉われずに、独自でアセスメント項目を決めている事業者様には便利な機能でござる!

目次に戻る ▲

サービス部門と居宅部門とで予定/実績のやり取りが簡単に取り込みができるといいんだけど…

連携できないのはなあ…。
同じ情報なのに、何回も入れるのなんて、絶対いやだ。

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

サービス部門と居宅部門との予定/実績の取り込みはボタン一つで行えます。
1人ずつでも、複数人まとめて一括に取り込む事もできるでござるよ!

目次に戻る ▲

型にハマったものではなく、質の高いプランを作成したい

とはいえ、何を書いたらいいのか?

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

「介舟ファミリー」のケアプラン作成機能に「ICFのガイド機能」を搭載しております。
ICFの基本要素「心身機能・身体構造」「活動」「参加」の3要素+「環境・個人因子」の分類が初期表示されます。
さらに、要素の漏れも見逃さないチェック機能も搭載!ICFの考え方が身に付き、課題のまとめ方の向上を「介舟ファミリー」がお手伝いするでござる!

目次に戻る ▲

セキュリティが心配

クラウドは便利だけど、セキュリティがな~。
情報が漏れたらどうするの?

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

介舟ファミリーが存在しているクラウド環境は

  • 政府機関や大手企業・医療機関など様々な機関で採用されているサーバを利用。
  • 最高水準のセキュリティでデータ漏えいやデータ損失のリスクをなくします。

さらに、お客様の環境で対策して頂く手段を、レベル1~4までご用意。安心でござる。

目次に戻る ▲

事業所内の進捗管理ができない

今、どこまでできてる?何ができてない?何しなきゃいけないの?
毎日ばたばたしてるのはウンザリ。

「介舟ファミリー」にお任せあれ!

「介舟ファミリー」は、「より分かりやすく」を念頭に作りました。複雑な介護現場/請求作業/報告作業、その他全てを一目で分かるように考えました。

  • 認定期間/計画見直し期間/モニタリング日など、期間切れによるアラート表示を可能としました。
  • 請求時のエラーの有無が一覧に表示されるので、作業の手戻りを防止できます。これにより作業効率を上げる事ができます。
  • 管理者においては、全体の作業状況を把握できるので、作業の遅れのフォローアップや、各作業員の作業量を把握する事ができます。

これで、ばたばたの日々とは、おさらばでござる!

目次に戻る ▲